Category Archives: 足の臭いを改善法

病院に行くしかない?足汗をでなくする方法ってあるのか?

足汗で悩んでいる人は、もう病院に行くしかないと考えている人も多いと思います。

病院に行かなくても、足汗をでなくする方法はあるのでしょうか?


足汗は病院に行くしかないの?


足汗がひどく、靴に中敷きを敷いていてもビチョビチョに濡れてしまう、その上臭いが充満して、周りの人に迷惑をかけている、
といったような方は、一度病院に行った方がいいかもしれませんね。

そういう症状の人は、すでに色んな方法をけっこう試しているにも関わらず、改善されないと悩んでいる人が多いのです。

病院に行くしかないと諦めるのではなく、自分の足汗の状態、原因が何に当たるのか、検査をしてもらうことは大事なことです。

病院で検査してもらった結果、血液中のビタミンやカルシウムなどの栄養素が不足している場合などもあります。

その際は、自分で足りない栄養素をサプリメントで補うことも可能です。

また、病院を受診することにより、足汗をたくさんかくことが、自律神経に関係していることなども分かります。

普段からあまり汗をかかない人は、汗をかかずにいられる時でさえ、無駄に汗をかいてしまうことさえあります。

病院に通わなくても、ジョギングを始めたり、半身浴で適度に汗を促したり、自分で出来る足汗対策はいっぱいあると思います。


足汗をでなくする方法ってあるのか?

まず体の一部を冷やします。

たとえば首の後ろや脇の下、太ももの付け根、膝の裏などの、比較的太い血管が通っている場所を冷やすと、全身の汗が引き、結果足汗も引きます。

次にツボの刺激です。

手の人差し指の爪の横で親指側のツボ、または足の小指の爪の横で外側のツボをグリグリと刺激します。
すると、交感神経の興奮を抑えられて精神性発汗が抑えられます。

そして腰をつねるという方法もあります。

たとえば上半身の汗を抑える時は、胸の5cm位上を親指で圧迫すると、顔や脇の下などの汗が抑えられます。

これは、皮膚圧反射(半側発汗)という発汗の性質を利用したもので、皮膚を圧迫すると圧迫した反対側の汗が止まることを意味しています。

そこで、その性質を利用し、腰の部分を圧迫することで、足汗を抑制しようとするものです。

その他、制汗剤やハッカ油を活用すること、サイズの合った靴を履くこと、ヒールは低い方がよいこと、あまり足裏に気持ちを集中しないことなどが挙げられます。



まとめ

このように、自宅で簡単にできる足汗、臭い改善法はたくさんあります。

でも、明らかに水虫が原因かもしれないなどという場合は間に合いませんので、その時は皮膚科にダッシュしてください。

夏だけではなくて冬も臭い!季節関わらず足が臭いワケとは?

足の臭いは汗をかきやすい夏だけと勘違いされてませんか?

実は夏でなくとも寒い冬でも足は臭いのです。

どうして季節にかかわらず足が臭くなるのでしょうか。


夏だけではなくて冬も臭い足

夏は、他の季節に比べると汗をたくさんかきますので、もちろん靴の中もムレて雑菌が繁殖し放題です。

しかし最近、夏だけではなく汗をあまりかかない冬になっても足が臭う、という女性が増えています。

これは、冬場はブーツなどを履く機会が増えてくるせいだとも言われています。

逆に夏場はサンダルなど、通気の良い靴を履くことが多いので、もしかしたら、足が臭いのは秋冬の方がずっと多いのかもしれません。


季節に関わらず足が臭いワケとは?

というわけで、汗をかく夏場だけが足が臭うのではなく、季節を問わず、靴の中は高温多湿、つまり熱帯雨林の状態が毎日のように続くことになります。

靴下をこまめに履き替えたり、靴やブーツを出来るだけ脱いで過ごすことが可能ならいいのですが、これもなかなか難しいものです。

そこで、足は洗えるし、靴下は洗濯ができますが、靴やブーツは簡単に洗うことが出来ません。

ですから、次の日もそしてまたその次の日も雑菌が繁殖したままの靴を履くことになり、足の臭いは一向に改善されないことになります。

しかも寒い時の汗は、暑い時の汗に比べて蒸発しにくく、湿度がかなり上がりますので、臭いも格段にキツく感じられるようになります。

季節に関係なくフットケアをすることは大切ですが、特に寒い時期のフットケアは入念に行いましょう。

同じブーツや靴を毎日続けて履かずにローテーションしましょう。そして履いた後の靴は陰干しをします。

また、先の尖った靴や、圧縮ストッキングなど足を締め付けるサポート作用のあるものは、足先がムレやすくなり、臭いもこもりがちになります。


まとめ

夏に限らず冬も季節に関わらず足の臭いを防ぐためには、見た目の美しさよりも、通気性の良さを重視したファッションをした方が良さそうですね。

消臭スプレーなども、最初はいいのですが、長時間そのままだと、今度は逆に汗がパウダーを吸収しなくなり肌にベットリとくっついてしまいます。

しかもそれがカスとして残り、カスが大好物な細菌たちがどんどん増えてまた悪臭の元となってしまいます。

なんでも使いすぎには注意しましょう。

また、自分自身で足汗を少しでも防ぐために、外では体が温まるような食べ物や飲み物は避け、汗をかいても構わない自宅でのみ、温かいものを食べたり飲んだりして努力している女性もいます。



靴下が足汗でびっしょり!汗が大量に出る理由と解決策

靴を脱いでみると、靴下が足汗でびっしょりに濡れているといった経験をしている女性の皆さん、どうして靴下がびっしょりになるほど汗が大量にでるのか、理由と解決策を知りたくないですか?


靴下が足汗でびっしょり!


外出先から家に帰った時、仕事帰り等に居酒屋に寄り、お座敷に上がる時、友人、知人の家にお邪魔するときなどなど、履いていた靴を脱ぐ場面はいっぱいありますね。

そんな時、いつも靴下やストッキングが足汗でびっしょりと濡れていて困ったという人は、男女問わずたくさんいらっしゃるはずです。

恥ずかしさはもちろんのこと、自他共に臭いが気になって仕方がないというのが現状です。

足汗が大量に出ると、暑さでムレて雑菌の温床になり、悪臭を放つだけでなく、水虫などの心配も出てきます。

汗で廊下に靴下の跡がつく、臭い・・・・

家族にも嫌な思いをさせてしまう・・・

これはやっぱりなんとか改善しないと大変ですね。


足汗が大量に出る理由と解決策とは?

では、足汗が大量に出る理由と、解決策についてお話していきましょう。

まず足の汗が大量に出る病気があることも知っておきましょう。

「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」と呼ばれる病気のことがあります。

これは、緊張しやすい人や精神的に繊細な人がなりやすいと言われていて、過敏な状態の交感神経を切断して鈍感にする手術をして治療します。

病気でなくとも、もともと足の裏には汗腺が多く、身体の他の部分に比べて3倍から5倍も集中しているのです。

ですから、汗の本来の目的である体温調節とは関係なく、足には汗をかきやすいという根拠があります。

緊張しやすく、デリケートな人ほど普通の人よりもたくさん汗をかいてしまうのも納得できますね。

足汗の正体は、余分な水分が蓄積されたものという見方もあります。

なので、普段から汗をかく習慣のある人は、体内に余分な水分が溜まりにくくなり、足汗を少なくすることができます。

では運動すればそれでよいのか、ということではありません。もちろん運動も大事です。

しかし、汗をかく、代謝を促すのを助ける食べ物を摂取することも大切です。

日頃からよく体を動かし、新陳代謝を助けてくれる食生活を送っていれば、もしかしたら足汗に悩むこともないのかもしれません。

病気が原因でないと分かったとしても、生活習慣を変えてみても、効果が表れないときは、重曹を活用したり、制汗剤を使うことをおススメします。

制汗剤を購入するときは、必ず足専用のものを選びましょう。手足専用という商品もあります。


まとめ

足汗で靴下がびっしょり!という人は、あなただけではありません。

少しでも足汗が軽減するように、今日から頑張ってみませんか?

洗っても足の臭いが取れない!使用している石鹸が悪いのか?

足の臭いを改善しようと、一生懸命足を洗って頑張っている人、洗っても足の臭いが取れないのはなぜなのでしょうか?

使っている石鹸に問題があるのでしょうか?


洗っても足の臭いが取れない!

足をどんなに洗っても、不快な臭いが取れないのは何故なのでしょうか。

足を洗っていても臭いが取れない原因として考えられるのが、まず病気です。

足に限らず口臭や体臭にも注意してみてください。

多汗症や内蔵疾患、糖尿病、水虫等、身体の不調が足の臭いの原因になっている場合は、いくら清潔にしていても、臭いは取れません。

また、靴に原因がある場合もあります。

毎日、同じ靴ばかり履いて、同じように汗をかくと、靴自体に雑菌やバクテリアが繁殖したままの状態が連日続きます。

これでは、何度足を洗おうが、同じ靴を履けば同じ細菌が足に移ります。

靴は、なるべく3足以上準備して、同じ靴を続けてはかないようにしましょう。

その日に履いた靴は必ずしっかりと乾燥させましょう。乾燥させることで、菌が死滅しますので、臭いも悪化しません。

そして、どうしても臭いが取れないときは、足の洗い方に問題がある場合も多いものです。

たとえ毎日お風呂に入っていても、きちんと指の間が洗えていないのかもしれませんし、垢や古い角質が落ちていないのかもしれません。

特に爪と皮膚の間は、イソ吉草酸という悪臭の原因物質が繁殖しやすい場所です。

イソ吉草酸は、一度住み着くと、なかなか取れないそうです、ショックですね。


足の臭いが取れないのは使用している石鹸が悪いのか?

現在、どこの会社からも粗悪な石鹸などほとんど市販されてはいないと思います。

足の臭いが取れない原因が、使用している石鹸にあるとすれば、保湿効果の強すぎる石鹸を使っている可能性があります。

少しでも肌のしっとり感を大切にしたいというのなら、通気性の良い靴を着用した方がいいでしょう。

保湿効果の高い石鹸を使うと、肌はしっとりツルツルになりますが、その分、靴を履いた時に必要以上に足が保湿されて、ムレやすくなるのも事実です。

足の臭いを抑えるために使用する石鹸でおすすめなのは、殺菌効果と洗浄効果の高い石鹸です。

実は、足の臭い対策には、通常のボディソープなどよりも、石鹸の方が向いているんですよ!

注意することは、殺菌力、洗浄力の強い石鹸は、足だけにしてください。

身体の他の部分に使ってしまうと、保湿不足などで肌荒れなど、肌トラブルを起こしますので、肌が弱い人は尚更気を付ける必要があります。


まとめ

足を洗っても臭いが取れないわけ、そして、使用するべき石鹸と使い方、ご理解いただけたでしょうか?

実際のところどうなの?重曹で足の臭いが消えるって本当?

足の臭いで悩んでいる人は、どうしたら足の臭いが消えるか、いつも考えていることでしょう。

重曹で足の臭いが消えるという話を聞きましたが、本当なのでしょうか?


実際のところどうなの?

足の臭いを改善する方法に、酢を入れたお湯に足を浸けるとか、重曹の入ったお湯に足を浸けるといいとか聞いたことのある方、実際のところどうなのでしょうか?

確かに酢には殺菌作用がありますし、重曹にも洗浄、脱臭効果はあります。

しかし、足湯の効果は一時的なものだと主張する人もいます。また、人によっては全く効果がないといった話も聞きます。

少しでも効果を感じている人は、これらを入れた足湯を続けながら、爪の手入れを欠かさないようにしましょう。

爪と皮膚の間の汚れをきちんと取り除くことが、雑菌やバクテリアを防ぐことに繋がります。


重曹で足の臭いが消えるって本当なの?

重曹とは、正式名称が炭酸水素ナトリウムで、よく、タンサンと呼ばれているのをご存知ではないでしょうか?

白い粉末状の物質で、山菜のあく抜きや、お菓子作りに利用したり、清掃グッズとしても人気の高いものです。

なぜそのように多目的に使われるのかというと、身近で手に入りやすく、しかも弱アルカリ性で、無害ということにあります。

安心して使えますから、もともと洗浄、脱臭効果のある重曹を、足の臭い改善目的に活用しても何ら問題はありません。

ただ問題は、足の臭いの原因が、実はどうも2種類あるようなのです。

一つは、イソ吉草酸という、足にいる細菌が汗や角質を分解した際に発生するチーズのような悪臭を放つ物質で、これは弱酸性です。

もう一つが、アンモニア由来の臭いで、これはストレスや生活習慣の乱れにより発生する臭いで、こちらはアルカリ性です。

弱酸性であるイソ吉草酸が原因であれば、弱酸性なので、弱アルカリ性の重曹で中和され、臭いが軽減されます。

しかし、足の臭いの原因が、アンモニア由来の、いわゆる疲労臭であるならば、同じアルカリ性の重曹では中和されません。

ですから、重曹に足を浸けても、効果は期待できないことになります。

なので、重曹で足の臭いが消えるという話は本当でもあり、臭いの原因によっては、そうでないとも言えます。


まとめ

自分の足の臭いの原因が雑菌なのか疲労性のものなのかは、はっきりとは分かりませんね。

おそらく両方の原因を抱えて足の臭いを構築している人が多いと思います。

重曹を入れて足湯に浸かり、きれいになったら、デオドラント剤でフットケアをする、これが最善の方法ではないでしょうか。